動画充実生活

海外反応ブログで記事にできなかったものを動画中心に紹介していきます。



月別アーカイブ
記事検索

野球

村田兆治の始球式、63歳でもマサカリ投法135キロを記録

村田兆治135キロ始球式63歳になる村田兆治さんが8月30日、ロッテ―日本ハム戦で始球式をつとめました。3球の投球練習で「肩を作って」準備を整えた後、往年の「マサカリ投法」から球速135キロを投げて球場内をわかせました。2007年当時の動画も併せて紹介します。

イチローが日米通算4千安打達成、MLB公式動画で道程を振り返る

イチロー日米通算4000本安打MLBニューヨーク・ヤンキースのイチローが8月21日(日本時間22日)、本拠地ヤンキースタジアムで行われたブルージェイズ戦に2番ライトで出場し、1回の第1打席で相手先発投手のディッキーからシングルヒットを放ち、日米通算4千安打の偉業を達成しました。早速MLBから速報動画が配信されていたので紹介します。今まで日本球界を含めたキャリア全般についても取り上げられています。4000本安打の瞬間を先に見たい場合は、3分30秒前後に再生位置を合わせてください。

ヤクルト上田の珍プレー悪送球、シングルヒットが実質ランニングホームランに

悪送球ヤクルト上田ほとんどニュースになっていないのですが映像を見ると、頭のなかに「?」マークが10個くらい出てきそうです。8月15日のヤクルト-中日の試合で1回表に中日の和田がシングルヒットを打ったところ、ヤクルトのセンター上田剛史がファンブル、慌てて送球したらボテボテの悪送球になってしまい、和田の好判断もあってシングルヒットが実質ランニングホームランになってしまいました。

6歳の男の子が5打席連続初球ホームランを打ったと話題に

5打席連続初球ホームラン6歳の男の子が5打席連続、しかも全部初球を打ってホームランにした様子をYouTubeに投稿して話題になっています。ただし、その球場の外野フェンスまでの距離は120フィート(約36.5m)と短く、リトルリーグの規格の3分の2にも満たない距離です。続報があれば追記します。

ヤクルト八木、ボールが挟まりグラブごと送球する珍プレー

八木亮祐7月24日ヤクルト-阪神の試合でヤクルト先発の八木亮祐投手が、二回、阪神・西岡のピッチャーゴロを処理しようとした際に、グラブの網の部分にボールが挟まり、抜けなくなりました。それでも八木はボールが挟まったままのグラブを一塁の畠山に冷静にトスして西岡をアウトにしました。このプレーの甲斐もなく、八木は5回5失点でKOされてしまい、試合も12-0で敗れました。

ナゴヤ球場最終年1996年当時の貴重映像

ナゴヤ球場1996ナゴヤ球場を見たことのある人なら満足できると思います。プロ野球一軍公式戦としては最終年となる1996年のナゴヤ球場内外を撮影した貴重映像です。16年前の個人撮影とは思えないくらいにきれいに撮影されています。試合は1996年8月31日の中日対巨人戦のもので、中日の立浪和義、先発投手の山本昌、対する巨人は、当時在籍していた松井秀喜と落合博満といった懐かしい面々が登場します。それと初代ドアラの貴重映像もありバック転も収録されています。

日米大学野球で死球をきっかけに乱闘寸前、異例の警告試合

日米大学野球乱闘日米大学野球の最終戦が7月11日に神宮球場で行われ、日本が7-4で勝ち、3勝2敗で日本が優勝を決めました。この試合で日本の岡大海内野手(4年=明大)が4回1アウトの場面で、米国のフィナガン投手が投じた158km/hの速球を右膝に受ける場面があり、岡がヘルメットを激しく叩きつけて激高、あわや乱闘となる事態が発生しました。

大谷翔平、プロ初ホームラン、推定飛距離120m

日本ハム大谷プロ初HR7月10日の楽天-日本ハム戦で、7番・ライトで先発したルーキーの日本ハム大谷翔平が、1点リードの4回1死三塁で、楽天の永井からプロ初ホームランとなるツーランホームランを打ちました。ライトスタンド中段に飛び込み、推定飛距離は120mでした。

虫刺され降板で有名な中日ブラッドリーの超(珍?)ファインプレイ

ブラッドリーのトス先日の6月29日に虫刺さされが原因で降板(情報元)した中日ドラゴンズのブラッドリー投手、ほとんどニュースになっていないものの6月3日の楽天戦で、ボテボテの打球を素手ではたいて送球する珍しいプレーがありました。動画を見れば今まで見たことのないプレーなのがわかります。

川崎宗則に台湾メディアが「人気王」として取材、陽気に中国語で受け答える

川崎宗則_台湾の取材以前にも川崎が台湾で人気になっているニュースを取り上げましたが、その後も川崎の人気は急上昇、6月23日には台湾メディアからも「ブルージェイズの人気王」として取り上げられるほどになりました。その時のニュース映像を紹介します。取材時に中国語で受け答えしている場面に加えて、人気ぶりについてわかりやすくダイジェストでまとめられています。

楽天・藤田一也の超ファインプレイ、神業バックトス炸裂

楽天・藤田のバックトスこれはすごい、数年に一度といってもいいくらいのスーパープレーだと思います。6月29日オリックス-楽天の試合、オリックス糸井の打球を楽天・藤田がダイビングキャッチ、その後すぐさま二塁へバ­ックハンドトスしてアウトにしました。

中日の山井がノーヒットノーラン達成、「山井をくれ~」球場の横浜ファンの反応

中日山井ノーヒットノーラン中日の山井大介投手が6月28日、横浜スタジアムで行われたDeNA戦でノーヒットノーランを達成しました。一塁側の横浜ベイスターズファンと思われる方が、試合終了の瞬間から山井がインタビューを受ける様子が撮影されていたので紹介します。もちろん阪神戦でもなければ一塁側は横浜ファンばかりなのですが、「山井をくれー」といった山井投手の快挙を祝福する様子が撮影されていました。


ブログランキング
「よかった、役にたった」と思われたらブログランキングの投票をしてくれると嬉しいです。現在35位前後。クリック↓

記事検索(サイト内)
他サイト注目記事


メッセージ
このブログについて

プライバシーポリシー

アクセスランキング


■アンテナ、記事紹介
人気ブログランキング
ガールズあんてな!
ガッてな
わっちょいアンテナ
ギコあんてな
R2DAアンテナ
おまとめ
メリーニュース
アンアンアンテナ
■個別ブログ
飛行機ちゃんねる
まとめたニュース
未来予知 地震自然災害速報
軍事系まとめブログ
歴史的速報@2ch
海外反応ディミヌート
■ PC版アクセスランキング
■ テスト表示中


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

follow us in feedly


RSSフィード
忍者アンテナ用RSS