水漏れ漢江遊覧船浸水1月26日午後、ソウル聖水大橋近くを通りかかった漢江遊覧船が浸水し、船体の半分ほどが沈没する事故がありました。事故原因は、スクリュー付近のゴムパッキンが氷結して不具合が起きたために浸水し、機関室を介して船尾側から沈み始めたと見られています。幸い外国人観光客など11人の乗員乗客は救助されて怪我はありませんでした。