白菜の保存白菜は保存期間が短く、価格が下落した場合は廃棄処分になる場合があります。韓国YTNニュースによると、白菜を最大5ヶ月まで保存する方法を韓国の農協が開発したとのことです。ただし家庭ではなく出荷元で行うもので、ざっと調べた限りでは、白菜を5ヶ月保存する方法は他では見つかりませんでした。もしも家庭で保存する際に参考にされる場合は自己責任でお願いします。長期間保存した白菜をキムチにしたところ、新鮮なものよりもおいしくなったとのことです。

新たに開発された白菜保存法は、まず傷んだところをすべて削除し、白菜を梱包箱に入れていき。摂氏0〜1度で1〜2日程度の低温貯蔵庫に入れて主に乾燥させます。ここでは、風の穴が微細に生えている高密度ポリエチレンフィルムで白菜の梱包箱を上からかぶせて保存します。これにより、春と夏白菜は75日まで、秋と冬の白菜は5ヶ月以上保存することができます。
[ギムジガン、農村振興庁国立園芸特作科学院] "白菜を収穫してから温度を迅速に落とし少し乾燥する予冷過程を経て、プラスチックフィルムのカバーにかぶせ保存をすると、白菜の鮮度を一ヶ月以上延長することができます。 " 白菜の水分損失が少なく鮮度が従来より2倍程度増加されたことが確認されました。生理障害の症状と退い荷物現象が大幅に減少し安定的に白菜を供給することができます。キムチを入れてみた結果、収穫時に漬けたキムチより味が改善さに気づいた。

今回の白菜の貯蔵法は、白菜栽培を洪水で台無しにする農民たちに大きな助けを与えることはもちろん、消費者は安定した価格で白菜を買うことができるものと期待されます。翻訳元