3Dプリンター義手主に手や指を失った子供たちを対象に、3Dプリンターで製作した50ドル(約6000円)の義手が注目を集めています。通常の最先端の義手はおよそ4万ドルもかかり、しかも子供の場合は成長に合わせて何度も取り替える必要があるので費用がかさんでしまうのですが、この3Dプリンタで制作した義手は性能的にも遜色なく、造り直すのも容易とのことです。

この義手を制作しているボランティアネットワークは「e-NABLE」は、ロチェスター工科大学のジョン・シュール(Jon Schull)氏らを中心に世界中の3Dプリンタ関連の技術者によって結成されました。