チェホンマン出頭日本でもK-1などで活躍した韓国の格闘家・崔洪万(チェ・ホンマン)が、知人から借りた多額の借金を返済しなかったとして詐欺容疑で告訴され、ソウル東部地検に10月26日出頭しました。再三の出頭要請に応じなかっために10月20日に逮捕状が出ていました。映像の一部を翻訳して紹介します。

総合格闘技選手チェ・ホンマンさんが暗い表情で検察庁門外を眺めます。「容疑を認めますか?(沈黙)」チェさんは、昨日の夜7時40分ごろ、検察に自ら出席して7時間ほど調査を受けて帰宅しました。前検察は崔氏が出席要求に数回応じない20日、裁判所から逮捕令状を発行しました。チェさんは、過去2013年の香港で知人に1億ウォンを借りた後、これを返済しなかった容疑を持たれています。チェさんは警察の調査でお金を借りた事実を認めて、「今後の返済していく計画だ」と述べました。これまで日本で生活してきたチェさんは、24日に韓国に帰国していました。チェさんは、7月に東京で受けた5年ぶりの復帰戦で1ラウンドKO負けを記録した後、周囲との接触を壊し務めたと伝えられました。2003 年にプロデビューして、優勝したチェさんは、2004年に格闘技選手に転向して人気を博しましたし、2009年に日本の選手に負けた後、しばらくの間、試合に出場していません。翻訳元