ブリッツチェス2013年当時22歳で最年少のチェス世界王者となった、ノルウェー出身のグランドマスター、マグヌス・カールセン(Wiki)さんが、30秒切れ負けルールで対局した貴重映像です。
「切れ負け」ルールというのは1手何秒以内ではなく、時間が切れたら即負けになります。対戦相手は画面左側、カールセンさんのマネージャーさんで、ハンデをつけるため持ち時間は長めの3分です。



勝負の結果は切れ負けでしょうか、切れ負けルールでなければ決着の付かない引き分けでもいいと思うのですが、いずれにしてもお遊び対局のようですね。