最小の馬品種改良ではなく、小人症による病気で小さくなってしまった馬の動画、英国で飼われているエイサーと名付けられたこの馬は、子宮内で十分成長できずに生まれてしまい、体高は22インチ(約55センチ)でイギリス最小の大きさとのことです。それでも愛情たっぷりに育ててもらっているようで動画で見てもやはり可愛いです。

掲載元 http://youtu.be/7abf2Vyesrs