今年2月、静岡の遊園地「ぐりんぱ」で空中スライダー「モモンガトライアングル」で遊んで­いた女性が転落し大けがをした事故で、消費者庁は、事故原因は特定できていないものの「滑車と安全ベルトをつなぐ部品の開閉部にベルトが挟まると落下の恐れがあ­る」との見解を示しました。同庁の依頼で国民生活センターが実験してわかったとのことです。(情報元 消費者安全課公表資料(2013年) - 消費者庁

事故が起きたときのニュース 
空中スライダー「モモンガトライアングル」で遊んで­いた女性が、コースのほぼ中間の地点から約6.5メートル­下の凍結した湖面に転落、腰の骨を折り、全治3か月の重傷を負った。ぐりんぱは当面同­アトラクションの利用を中止した。

下はモモンガトライアングルの紹介動画(2012/09/12公開)、普段は万一のことがおきても湖に落ちるようになっていますが事故が起きたときは2月で運悪く凍っていました。